たびとらねっと:旅行に関する虎の巻。
初めての海外旅行の方から旅行の達人まで知って得する総合旅行情報発信サイト。

ホーム 楽しい旅行のプランニング 世界の旅行シーズン 失敗しない旅行会社選び
航空券の種類と選び方 得するマイル取得術 賢くまとめる荷造り方法 飛行機内での過ごし方


海外旅行保険って本当に必要なの?


1.海外旅行保険って本当に必要なの?
  海外旅行保険の必要性
  クレジットカード自動付帯型の注意
  保険でカバーされないケースとは?

ちょっと休憩! 耳寄りな話1
 盲腸の手術 エ〜ッ!200万円?

2.どこの保険会社を選べば良いの?
  保険の補償内容
  セットプランとバラ掛けプラン
  インターネット申し込みのメリット

ちょっと休憩! 耳寄りな話2
    保険の加入は出発前に? それとも空港で?
 


おすすめ情報
ホーム
おすすめツアー情報
あったらいいな!
旅行便利グッズ
旅行用語集
アンケート
運営者


1.海外旅行保険って本当に必要なの?

海外旅行保険の必要性
 海外旅行中、いくら万全の注意を払っても事故や病気にならない可能性はゼロではありません。日本とは違う環境や習慣でストレスや疲労による思いがけない事が起きる可能性があります。海外旅行保険に加入していないがために多額の損害を被った旅行者は数多くいます。

 主催旅行に参加の場合、旅行会社も「旅行業約款の特別補償規程」に基づいて加入していますが治療・疾病・救援者費用・賠償責任などカバーされていないものもありますし、補償額も十分とはいえません。
 予期しないトラブルに備え安心を得るという意味もこめて海外旅行保険に必ず加入しておきましょう。

 また旅行をキャンセルした場合でも、自宅出発前であれば無料でキャンセル手続きをすることができます。

オンラインで申込みができる海外旅行傷害保険
アクティブ保険センター
 AIU海外旅行保険,ジェイアイ海外旅行保険のオンライン申込み

クレジットカード自動付帯型の注意
 最近では、クレジットカードにも一定の補償が自動的に付いている場合が多いので旅行前に保険の付いたカードに加入するのもひとつの手です。
 ただし、カードの種類によっては補償内容が異なり、ケガや病気をしても補償金額が足らないものや
そのクレジットカードを使って旅行代金・航空券を購入した場合のみ適用されるものがあるので事前によく調べておきましょう。

クレジットカードに自動的に付帯するクレジットカード
《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カード
 海外でのショッピングなら永久不滅ポイントが2倍。
DCカードJizileキャンペーン
 年会費永久無料。クオカードプレゼント中!

保険でカバーされないケースとは?
 海外旅行保険といっても全てカバーされるというものではありません。適用されない場合の一例をご紹介します。
危険を伴うスポーツをするとき
 ピッケル・アイゼン・ハンマー等を使う登山、スカイダイビング、ハンググライダー、ボブスレーなどは保険の適用外です。中には運動割増という特約に加入すれば適用されるものもあります。
  スキー、スノーボード、スキューバーダイビング、パラセイリング・ジェットスキーは一般の保険で適用されます。
レンタカーの事故
 一般の保険では適用されませんが特約で加入することが可能です。
現金・クレジットカード等
 携行品の補償では現金・クレジットカードや置忘れなど自分の責任によるものは適用されません。
歯の治療
 虫歯や歯槽膿漏など歯の治療には適用できません。
 ※その他保険会社により異なりますので加入前に内容をよく確認しておきましょう。







海外旅行保険自動付帯
DCカードJizile

Click Here!





Click Here!
海外でのショッピングなら
永久不滅ポイントが2倍!










 ちょっと休憩! 耳寄りな話1
盲腸の手術 エ〜ッ! 200万円?
 健康な人でも突然盲腸で入院なんてことも考えられます。海外旅行保険に加入していない人は全て実費になります。救急車も有料。手術・入院費用は高額。1週間の盲腸の手術と入院だけで200万円なんてことも実際にあります。
 その他のケースでは、南国の小島リゾートで海水浴。突然溺れて意識不明に。病院も無い小島では対処の使用も無く本土から緊急ヘリコプターが出動。となると1000万円!こんな金額とてもじゃないけど払えません。万一のためにも海外旅行保険に加入しておきましょう。


2.どこの保険会社を選べば良いの?
 海外旅行保険は「補償内容」・「保険金額」・「旅行日数」によって保険料が決まります。これらが同じであればどこの保険会社でも保険料はほぼ同じくらいになりますので、申込みのし易さ、現地での対応(日本語サービスがあるか)などをチェックすると良いでしょう。

保険の補償内容
 「障害死亡・後遺症」、「障害治療費用」、「疾病死亡」、「疾病治療費用」と「賠償責任」、「救援者費用」、「携行品損害」、「航空機遅延」などの特約から成り立っています。これらがセットになったプランや一部の項目を増減して補償設定を変更するバラがけタイプなど保険会社によって様々なプランがあります。

セットプランとバラ掛けプラン
セットプラン(パッケージ)
 保険の補償内容がそれぞれセットになって申し込むことができ手続きが簡単なプランです。自分にあった補償金額で申込できるタイプが多いです。
バラ掛け
 1項目だけ補償を高く(低く)したい場合などセットプランでは融通が利かず、目的によってムダを減らすことができ、契約項目ごとに料金設定ができるタイプです。セットプランより手間がかかりますが旅行目的・健康状態・所持品に合わせてメリハリをつけることができます。

 その他保険会社によって夫婦や家族旅行者で旅行の際、1人ずつ入るよりもお得な「ファミリープラン」、留学者向けの「留学プラン」などを用意しているところもあります。

インターネット申し込みのメリット
 最近では海外旅行保険もインターネットで申込みをすることが可能になりました。インターネット申込みでは以下のようなメリットがたくさんあります。

手軽・簡単・手間いらず
 インターネットであれば手元に申込書が無くても画面に記入していくだけでOK!クレジットカード決済なので銀行振込みの手間や店頭へ出向く時間がない人でも24時間受付可能です。
 申込み後に保険証券等の冊子が郵送されてきます。
出発当日でもOK!
 出発当日でも加入できる保険会社は数多くあります。ただし、保険証などは郵送になるので、間に合いませんが申込み内容をメモするかプリントアウトをしておけば保険証券と同じ扱いをしてもらえます。ですが通常は4,5日前までに申し込むのがベストです。
クレジットカードでスピーディー
 ほとんどの保険会社ではクレジットカードによる決済になります。その為あとで銀行に振込みに行くなどの手間もいらず、その場で契約が成立します。
インターネット申込みだけの特典も
 
保険会社によっては店頭での申込みよりも最大45%も割安になるプランもあります。

当日でもオンライン申込みができる


  ちょっと休憩!耳寄りな話2
保険の加入は出発前に?それとも空港で?
 海外旅行保険は必ず出発前に加入しておきましょう。
出発前に加入した場合、自宅から空港までの移動中にケガをしても保険が支払われます。当日早朝の出発便で空港周辺で宿泊が必要な場合でも前日から保険の対象になります。
 空港で加入する場合は、もちろん自宅から空港までは保険対象にはなりません。帰国してから自宅までの移動中は対象になります。


   

たびとらねっと
copyright 2005-2008 tabitora.net
all rights reserved.